その他

松本人志のドキュメンタル。これは「笑ってはいけない」を超えたわ…

投稿日:

Amazon Prime会員限定のAmazonビデオで配信されているお笑い番組「松本人志のドキュメンタル」

現在配信されているのはシーズン1の途中までですが「笑ったらアウト」というルールは同一ながらも、年末恒例のガキ使「笑ってはいけない」をはるかに超えた面白さになっています。

正直、年末の「笑ってはいけない」シリーズには少し食傷気味な感じがしていました。

安定した面白さはあるので、大晦日になるとつい観てしまうものの、基本的には用意された笑いの仕掛けを次々とこなしてゆく進行なので、途中で少し飽きてしまうのです。
近年は、ラストのドタバタも似たり寄ったりですし。

ここに来て、松本人志の「ドキュメンタル」です。「笑ったらアウト」というルールは同じなのに、何が「笑ってはいけない」と違うのか……と言えば、まず、参加している芸人の本気度がまるで違います

ドキュメンタルに参加するためには自腹で現金100万円を用意しなければならず、負ければその100万円は没収、退場となります。

この時点で、アウトでもケッパンされて「痛ったー!」で済んでしまう「笑ってはいけない」とは緊張感の密度が異なっています。

優勝賞金は、参加10名の参加費用を合計した一千万円。

中には借金して参加した芸人もいて、本当に・絶対に・死んでも笑ってはいけない……という緊張感が画面から伝わってくるのです。

松本人志自身は「この企画はテレビで視聴率がとれない」と語っていましたが、現在の「笑ってはいけない」シリーズにはない、緊張感とガチ勝負のムードが漂うドキュメンタルには一見の価値があります。

Amazonプライム限定なのがもったいないクオリティのドキュメンタル。
まだシーズン1の途中ですが、噂によると来年にはシーズン2の公開もあるようで、今から公開が楽しみです。



-その他

Copyright© ビットカルチャー 小さな世界を楽しむブログ , 2019 AllRights Reserved.