フード

【新発売】夜店の一平ちゃん「ショートケーキ味」試食レビュー

投稿日:2016年12月9日 更新日:

なにかと話題になっている、夜店の一平ちゃん「ショートケーキ味」
気になってコンビニに行くたびに何となく探していたのですが、どこにも置いてなかったのですが、意外にも職場近くのスーパーで売っていたので買ってきてみました。
カップ焼きそばに「ショートケーキ味」とは、あまりにも斜め上な斬新さですが、実際の味はどうなのでしょうか。

これが「夜店の一平ちゃん ショートケーキ味」です。

「いっぺん食べたら、やめられない。」と通常ラインナップと変わらないコピーが記載されていますが……。

麺はいたって普通なのですが、かやくとソース類がショートケーキ味の秘密のようです。

特にこのかやく。

中身は「乾燥いちご」「ヨーグルト風味のキューブ」「砂糖菓子」で、出来上がってから後乗せするタイプとのこと。

ソース、特製マヨの袋は特に変わったところは見られません。

お湯を注いで3分待ちます。

かやく、ソース、マヨをあえて出来上がり…ですが、匂いがすごい。

妙に甘ったるい香りが周囲に漂います。

香りの元はソースです。
この甘い香りは、ソースの袋を開けたとたんに漂い始めました。

まず、会社の同僚に一口づつおすそ分けしたのですが、「食べれなくはない」「意外といける」「お菓子みたいで悪くない」など、意外と高評価。

しかし、残った「ほぼ一食分」を食べきるのは相当苦労しました。

お菓子的な甘ったるさと、焼きそばの食感が明らかなミスマッチ。
マズイとかそういうレベルではなく、食べてはいけないものを食べている感じ。

「これは食い物だ」と自分に言い聞かせながら箸を進めるものの、肉体がそれを素直に受け入れようとしてくれません。
どうしても喉につっかえて素直に飲み込むことができず、時折、吐きもどしたい衝動にかられます。

好みは人それぞれなので、あまり悪く言うのも何ですが、美味しい・マズイというカテゴリを超えた味わいです。

完食した後も、しばらく胃のあたりの不快感が治りませんでした

さすがに再販売しないと思うので、チャレンジしてみるなら今のうちです。



-フード

Copyright© ビットカルチャー 小さな世界を楽しむブログ , 2019 AllRights Reserved.