フード

チキン南蛮好きよ、宮本むなしに集え

投稿日:2016年11月26日 更新日:

チキン南蛮好きを公言している僕のもとには、周囲から色々なチキン南蛮情報が舞い込んで来ます。

あの店のチキン南蛮は旨かった……この店のヤツは極上だから食ってみなよ……などなど。
さらに会社の帰り道にはチキン南蛮の専門店まであり、チキン南蛮好きとしては、まさに至れり尽くせりの状況です。

しかし、しかしながら。
これまで様々な店でチキン南蛮を食べてきましたが、いまだかつて、この店を越えるチキン南蛮に出会ったことがありません。




その店の名は「宮本むなし」

宮本むなし

中部・関西を中心に展開する定食チェーンで、残念ながら関東には一店舗も存在しないようです。
公式サイト:https://m-munashi.com

定食チェーンだけあって、チキン南蛮以外にも様々なメニューを取りそろえています。

%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ab

が、個人的には完全にチキン南蛮専門店と化しています。

宮本むなしの扉を開ける時、食券機で押すボタンは常に決まっています。
そう、それはチキン南蛮(790円)。

%e9%a3%9f%e5%88%b8

味もさることながら「定食ご飯おかわり自由」のアドバンテージは他の追随を許しません。

そして本日も、安定のチキン南蛮を注文。

%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b3%e5%8d%97%e8%9b%ae%e5%85%a8%e6%99%af

どどーん。

メイン皿に盛られているのはチキン南蛮、キャベツの千切り、目玉焼きです。

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%9a%bf

この目玉焼きは、いつ注文しても見事な半熟で皿に盛られています。
目玉焼きを完璧に半熟焼きにする技術を宇宙人から提供されたとしか思えません。

チキン南蛮の厚さはこんな感じ。

%e5%8d%97%e8%9b%ae%e3%81%ae%e5%8e%9a%e3%81%95

厚すぎず、薄すぎず、ご飯と一緒に食べるのに程よい食感が楽しめます。
肉は軟らかく、サクサクの衣とのハーモニーがまた絶妙。
宮本むなしのチキン南蛮の美味しさは、この衣の食感がポイントです。

タルタルソースは小鉢に盛られており、チキン南蛮を食べきるためにジャストの分量です。

%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%ab

欲を言えば、さらに倍あってもいい感じ。

さらに付け合わせ。お味噌汁、冷や奴、たくあんです。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%b1%81

実際に食べ始めると、冷や奴が箸休めに大活躍します。

もちろん銀シャリも。

%e9%8a%80%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%aa

店内に大きな保温ジャーが備えられてあり、セルフサービスでおかわり自由です。
この方式はいちいち店員さんを呼ぶ必要がなく、おかわり量を自由に調整できるのでありがたいです。

さて、いただきます。

%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a

チキン南蛮が好きな方は、一度宮本むなしを訪れてみてください。
きっと極上の味に満足するはずです。

まとめ
宮本むなしのチキン南蛮は美味い。



-フード
-,

Copyright© ビットカルチャー 小さな世界を楽しむブログ , 2019 AllRights Reserved.