ホビー

レトロなアーケードゲームがブラウザで楽しめる「The Internet Arcade」レビュー

投稿日:

主に1970年〜90年代にかけてゲームセンターに設置されていたアーケードゲームが、ブラウザで無料で楽しめるサイトが「The Internet Arcade(https://archive.org/details/internetarcade )」です。

公開されたのは2014年のことで、公開当時はすぐ閉鎖されるのではないか…と思っていたのですが、現在もサイトにアクセスすることができます。




運営するのはインターネット情報のアーカイブ化を行っている非営利団体internetarchive.orgです。
現時点で608本のアーケードゲームがリスト化されています。

ざっと見たところ海外で遊ばれていたゲームが多いように見えますが、日本でもなじみ深いゲームも含まれています。

たとえば、ナムコの源平討魔伝。
当時、面ごとに変化するゲーム性と、大きなキャラクターが話題となりました。

画面中央起動ボタンを押すと、データのロードが始まります。

データロードが完了するとMAMEのロゴが。

ゲームはアーケードゲームエミュレーターのMAMEで動作しているようです。

起動準備が完了して、懐かしい源平討魔伝のタイトル画面が表示されました。

ブラウザ内での操作も可能ですが、画面表示はフルスクリーンにすることも出来ます。

ゲームがMAMEで起動しているということは……。
TABキーを押すと、操作ボタンの設定などを行うMAMEの設定画面も表示することができます。

ただし、文字がつぶれて何がなにやらわかりません。

そして、F2キーで、アーケード基板のテストモードに入ることも可能。

源平討魔伝の場合、テストモードからゲーム内のサウンドやBGMを聴くことができます。

Internet Arcadeのラインナップには、他にもアウトランや

ファンタジーゾーン

R-TYPEなどもラインナップされています。

中には正常に起動しないゲームもありましたが、起動するものは音楽や効果音も問題なさそうです。

ただし、基本的にキーボードでのプレイとなり、初期設定ではボタンの割り振りが「コントロールキー」「ALTキー」に割り振られていますので、Macではややプレイしにくいのが残念。
MAMEの設定画面さえちゃんと見えてさえいれば、ボタンの設定も簡単に変更できるはずなのですが……。

また、iPadでもプレイできないかどうか試してみたところ、ゲーム画面までは表示されるものの、Bluetoothキーボードが認識されず、操作することができませんでした。

向き合ってがっつりとプレイするには操作にやや難があるとは言え、ひととき、レトロゲームの思い出にひたるには充分な再現度です。

昔遊んだ思い出のゲームを探して、The Internet Arcade (https://archive.org/details/internetarcade)に訪れてみてはどうでしょうか。



-ホビー

Copyright© ビットカルチャー 小さな世界を楽しむブログ , 2019 AllRights Reserved.