フード

クリスマスよ、これがジンジャーマンクッキーというものだ

投稿日:2016年11月23日 更新日:

ふらりと立ち寄ったコンビニエンスストアで、缶入りのジンジャーマンクッキーを見つけました。

価格も手ごろで、プレゼントにもよさそうなこのクッキー。缶のデザインは最高にクリスマスで可愛いのですが、中身が見えません。
気になるあの子や、子供たちへの贈り物としてどうなんでしょうか。

実際に購入して中身を調べてみました。

ジンジャーマンクッキー売り場

コンビニエンスストアに並べられているジンジャーマンクッキー。

3種類の缶があり、それぞれに可愛いジンジャーマンがデザインされています。

税込378円。プレゼント用としてはお手頃な価格です。

購入したのは、いちばんクリスマスムードを感じるこのデザイン。

缶のデザイン

クリスマスカラーを目にすると、子供時代のすり込み効果でしょうか、無条件にワクワクします。

缶の裏はこうなっています。

缶の裏

あれ? よく見ると、なんだかジンジャーマンの形が期待と少し違うような。

原材料など

原産国はアメリカ。輸入者は神戸市の株式会社エイムとなっています。
原材料にはもちろん「ジンジャー(生姜)」の記載があります。

さっそく缶を開けてみます。

ちらり

お?

ゴゴゴゴゴ……

ジンジャーマンあらわる

ばばーん。

ジンジャーマン爆誕

缶の中には、サイズが大きめのジンジャーマンクッキーが1枚入っていました。

なんだか、やっぱり少し期待と形が違うような気がします。
アメリカでは、こういう形の方が一般的なんでしょうか。

ジンジャーマンを手に取る

袋から取り出してみました。さっそく食べてみます。

クッキーとしては、やや硬め。
ジンジャーがしっかりと効いていて、ピリッとした辛さがあります。
ザラメがまぶされていますが、甘さのためというよりもジンジャーの辛さを際立たせるためのようです。
シナモンの香りも強めです。

ジンジャーマン残骸

スパイスに慣れていれば美味しいクッキーですが、小さな子供の味覚で美味しいと感じるかどうかは微妙。
気になるあの子へのプレゼントについても、中身の形がアレなので相手の性格を選びそうです。

しかしながら、缶は小物入れにも使えますし、デザインも良いので少なくとも
「自分へのプレゼント」には最適かもしれません。

コンビニなどで見かけたら、一度手ににとってみてください。

缶入りジンジャーマンクッキーのまとめ

  • 缶のデザインはかわいい
  • ジンジャーマンの形は微妙。正直かわいくない。
  • クッキーは生姜が効いてピリッと辛い。子供向けではないかも



-フード

Copyright© ビットカルチャー 小さな世界を楽しむブログ , 2019 AllRights Reserved.