ホビー

さっそくファミコンミニで遊んでみた。これは直撃世代、必須アイテム。

投稿日:2016年11月11日 更新日:

Amazonで予約していた「ファミコンミニ」が届きました。
相当な人気を集めているようで、発売日即完売。オークションでの高額転売も出始めているようです。
発売のニュース直後に予約しておいてよかった……。



%e6%9c%ac%e4%bd%93

購入したのはAmazon限定版ですが、本体が特殊仕様なわけではなく、収録ソフトパッケージのポストカードが同梱されているだけです。手触りの良いしっかりした紙で作られていますが、よほど思い入れがない限りは通常版でも充分に満足できると思います。

%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

さっそく開封してテレビにセッティング。
テレビに差していたChromeCastを引っこ抜いて、付属のHDMIケーブルで接続。microUSBで供給される電源はChromeCastのものをそのまま利用しても大丈夫そうです。

電源を入れると表示される内蔵ソフトから、好きなゲームを選んですぐに遊ぶことができます。

%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e7%94%bb%e9%9d%a2

ちょっと困ったのは、コントローラーがかつてのファミコンと同様に本体にケーブル接続されているため、どうしても、テレビからの距離がHDMIケーブルと電源の長さに制限されてしまうこと。

Bluetooth無線のコントローラーに慣れた今となってはやや不便に感じますが、テレビの前に座り込んでプレイする環境も当時のままと思えば、これも味のひとつです。さらに設定画面でアナログテレビの表示を再現すれば、心はあっという間に小学生時代にタイムスリップしてしまいます。

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3

購入前から心配だった、小型化されたコントローラーの操作性。
グラディウスなどでシビアな操作が必要な場面ではややツライと感じますが、ストレスになるほどではありませんでした。すべてのゲームで試したわけではありませんが、おおむね問題なさそうです。

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bc%92

欲を言えばネット配信でゲームを追加できる機能が欲しかったですが、実現するとたぶんコストが跳ね上がってしいそうなので、あえて本体だけで完結する仕様が正解なのかもしれません。

でもでも、今度はディスクシステムを再現したオプション品で追加ゲームが配信されたりして……さらにディスクを再現した記録メディアで、色々なゲームが遊べるようになったりして……などと妄想は止まりません。

もし追加ゲームが出るとしたら「チャレンジャー」「ロードランナー」「クルクルランド」「デビルワールド」「ゼビウス」「マッピー」「バンゲリングベイ」「オホーツクに消ゆ」「ドラゴンクエストシリーズ」なんかが遊べるとうれしいなぁ(妄想)

どちらにしても、当時のカセット約1本分の値段で、ゲームが30本も入ってるなんて、小学生時代の自分には想像も出来なかった世界です。しばらくはファミコンミニのおかげで、秋の夜長を楽しく過ごせそうです。



-ホビー

Copyright© ビットカルチャー 小さな世界を楽しむブログ , 2019 AllRights Reserved.